初心者でも遠距離が当てやすいチャージライフルの使い方

APEX

初心者でも遠距離が当てやすいチャージライフルの使い方

遠距離から撃たれた時嫌なのがこのチャージライフルでイライラマッハなにゃんたんです

シーズン3で登場したチャージライフルですがぶっ壊れと言われ幾度となく弱体化がされて現在ではほとんど見なくなりました

ですが今でも使っているプレイヤーはちょこちょこいるし初心者には当てやすい銃になっているので始めたばかりの人は是非使ってみてください

チャージライフルの基本性能

武器種 スナイパーライフル
弾丸 スナイパーアモ
ダメージ 胴体と足 チャージ中3×15=45 発射時45 頭 4×15=60 発射時56
装填数4

チャージライフルの特徴

チャージライフルはチャージ時間と発射時両方にダメージがある特殊なスナイパーです

チャージ時間に敵にエイムが合っていれば確実にダメージを与える事が出来ます

距離によっての弾道の変化が無いのも大きな特徴100m先だろうが300m先だろうが弾の落下が無い為通常しなくてはいけない「これぐらい弾が落ちるからもう少し上を狙って撃とうかな」と言う計算をしなくても当てる事が出来ます

しかしチャージライフルは距離によってダメージが落ちる為に150m以上先の敵に向かって撃つ場合最大限パフォーマンスを維持する事が出来ません

遠距離でも当てやすいのに遠距離ではダメージ出ないちょっと残念な銃です

チャージライフルのアタッチメント

チャージライフルはスナイパーストックとサイトのみ付ける事が出来ます

スナイパーストック 銃を構えてる時のブレと構えるまでの速度が上がる

チャージライフルに付ける事が出来るサイト

1倍デジタルサイト以外のサイトを全て付ける事が出来ます

オススメなのが4~10倍4~8倍可変サイト

チャージライフルの使い方

チャージライフルは中距離から遠距離に向けて大きく距離を取った状態で使う銃になっておりキルを取る事をメインにおいた銃ではないので基本的には嫌がらせで使います

チャージライフルに限らずスナイパーは基本的に高所から広範囲を見て撃つ銃ですがチャージライフルはそれが少し極端になっておりかなりの広範囲を撃つことが出来ます

相手に取られなく無いポジションの敵を優先的に撃つことにより別チームを良いポジションに渡さない事をメインに中遠距離を射撃していきます

チャージ中と発射時両方にダメージがある為撃っている間にもエイムを合わせる必要があるので相手の動きに調整しましょう

ダメージの半分は発射時なので最後のダメージだけは確実に当てるイメージで撃つとダメージも稼ぐ事が出来ます

ダメージ減少効果

チャージライフルは相手との距離によってダメージが落ちる特徴があります

ポジション取りがメインになるのでダメージが落ちますがそれでも撃った方が良い場面が多いです

しかし400m以上離れてしまうと30ダメージと非常に小さなダメージしか出す事が出来ないのであまり効果的ではありません

離れすぎた場合は距離を意識してください

腰撃ち運用の注意点

初動などチャージライフルしか無い場合で腰撃ち運用する場合の注意点は発射時のダメージだけを狙う事です

一度撃って貰えばわかりますが腰撃ちのチャージ中円を画くように発射されます

まずリコイルは不可能なので大半の場合当てる事が出来ません

発射時は中央に発射されるので当てやすくダメージも大きいのでここを狙います

装填数の少なさとリロードの時間

チャージライフルは4発しか装填出来ずに拡張マガジンで増やす事も出来ません

しかもリロード時間がかなりかかる為継続して撃ち続ける事も苦手としています

リロードを頻繁に行わなければいけずリロードの硬直も長いので詰められないようなポジションと詰めにくいような撃ち方をする必要があります

まとめ

チャージライフルは遠距離メインのスナイパー
相手までの距離でダメージが変わる
装填数が4で拡張マガジンがつかない
発射時のダメージをきっちり当てる
腰撃ちで撃たなければいけない時は発射時を当てるように

コメント

タイトルとURLをコピーしました